パンチドキャップトゥオックスフォード ラバーソール ブラウン 25.5cm(ハンドソーンウェルテッド製法/在庫あり)

P007競ーヴァルトゥ

73,000円(税込80,300円)

在庫状況 1

シュートゥリーは別売りです。靴と一緒にご購入の場合は割引となります。詳細はこちら

商品の説明

甲革(アッパー)キップ(日本)
本底(アウトソール)オリジナルラバーソール(日本)
製法ハンドソーンウェルテッド 九分仕立て
デザインパンチドキャップトゥオックスフォード
ブラウン
ワイズ2E
キャップの切り返しのみメダリオンを施したデザインです。
キャップトゥに比べ華やかさがプラスされたデザインは幅広いシチュエーションで活躍してくれます。
踵はドッグテイルから日本伝統のバックステイに変更し、さらに強度を上げています。

・アッパー
国内で鞣したキップ(中牛)を使用しています。
弊社と提携しているタンナーに、表面の仕上げ、厚み、質感、柔軟性等の要望を伝え、協力して作り上げたパンチャ渾身のオリジナルレザーです。

・ライニング
腰裏には発色がよく、汚れが落ちやすい顔料仕上げの馬革を使用。
先裏には通気性、吸湿性に優れた素仕上げの馬革及び豚革を使用しています。
特に豚革は国内で唯一自給できる革ですので、積極的に使っていきたいと考えております。

・アウトソール
国内生産のオリジナルラバーソールを使用しています。
ソールにはグリップ力に優れたゴルフパターンを採用し、ヒールには国内最高クラスの耐久性を誇るトップリフトを使用しています。

・ハンドソーンウェルテッド製法
現在、高級紳士靴の代名詞的な製法として知られるグッドイヤーウェルテッド製法を含め、全てのウェルテッド系製法の原型がハンドソーンウェルテッド製法です。
予め中底の裏面に溝(ドブ)掘り起こし、その溝(ドブ)からアッパー、ライニング、ウェルトを直接すくい縫いをします。更にコバ部分ウェルトとアウトソールを出し縫いします。グッドイヤー製法と比べ、厚くしっかりとした中底を使用し、またグッドイヤー製法のようにテープ状のリブを使用しないため、壊れ難く耐久性に優れ、尚且つ屈曲性にも優れています。
また、機械ではなく手で一針一針すくい縫いをしているため、履く人のその足の形に応じて適度に伸縮し、足馴染みの非常に良い靴となります。
この製法は注文紳士靴においては主流の製法で、堅牢性、履き心地を高次元で満たし、全ての靴の製法の中で最高峰に位置します。
また文字通り、コバでウェルトを介在させ、アッパーとアウトソールを縫い合わせているため、ウェルトの出し縫いを解けばアウトソールの交換が可能となります。その際、アッパーのダメージを最小限に抑えることができるため、長期の使用が可能となります。
釣り込み、すくい縫いを熟練の職人の手作業で行い、履き心地、耐久性に影響しない出し縫いのみを機械で行う製法を、ハンドソーンウェルテッドの九分仕立てといいます。

靴のサイズは、「サイズについて」のサイズ表を参考にしてお選び下さい。 また、フィッティングに関しましてはこちらのブログも参考にして下さい。